★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
★MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
村中李衣(むらなかりえ)さんの絵本の講演会〜
★村中李衣さんの「絵本の読みあい」へ行ってきました!
 村中さんは山口県の梅光学院大学(女子短期大学部)の
 教授をなさっているのですが、
 私にとっては、月刊『クーヨン』(クレヨンハウス刊)の
 楽しくも含蓄のあるエッセイですっかりおなじみの作家です。

読書療法から読みあいへ―「場」としての絵本
読書療法から読みあいへ―「場」としての絵本
村中 李衣

 「読みあい? 読み聞かせではないの?」と思われる方もおられると思いますが、村中さんはあえてこの「読みあい」という言葉で、絵本を楽しむことを表現されます。
私も、以前から「子どもに絵本を読み聞かせる」という言葉に、どこか違和感をもっていました。
「読み聞かせる」なんて、とても押し付けがましい感じがしませんか? 

 たしかに、子どもに絵本を読んであげることは、子どもにとってとてもよいことだと思います。
しかしそれは、勉強やしつけのためではなく、楽しみのためだと思うのです。
そして、私自身は、子どもが絵本にふれることで、「(自分が生きている)この世界っていいな、人間っていいな、生きていくことは楽しいな!」と、理屈抜きで「感じて」ほしい、と思っています。女
まぁ、普段は単純に楽しいな、と感じてくれれば十分、と思っています。
そして、それは読む側である私自身にもいえることです。

 義務でも強制でもなく、子どもとお話の世界にはいりこんで、「あ〜楽しかった。面白かった」という時間を過ごしたいから、読むのです。



続きを読む >>
| 講演会・展示会 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |