★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 『ね、うし、とら……十二支のはなし』 | main | ●『季刊 子どもと本』──子どもの本の最強の書評本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
●子どもの絵本、どうやって選んでますか?
 子どもたちのために絵本を選ぶとき、みなさんはどんなふうに選んでいますか?
本やさんに行くと、迷うくらいたくさんの絵本や物語の本がありますね!見る
それに最近ではインターネットを通じて「送料無料ですぐにお届けします!」と、サービス満点の宅配サービスがたくさんあるので、欲しい本を手に入れるのにほとんど困ることがないようにも思われますPC

それでも、私の場合、ほんとうに心から、子どもたちに読んでほしい! 何より?自分が読みたい!と思う本が、手に入らないことが最近多いのです。
それは、子どもたちに読んでほしい絵本や児童書が、次々と品切れや絶版になってしまっているからです悲しい

その原因の一つには、たしかに書店や取次ぎなどのシステム側の問題もあるのでしょうが、子どもに本を手渡す最前線にいる、私たち親の問題も大きいと思います。

親や家族が抱える現実的な問題に比べれば、絵本やお話の世界なんて、たしかに「ぜいたく品お金」なのかもしれません。
でも、いっしょに本を読んでいるときの子どもの顔を見ていると、絵本やお話の世界が子どもにとって、とても素敵でかけがえのない大切なものなんだな、と感じるのです

私の場合、生活の多くを親優先で過ごしてしまいます。その罪滅ぼし?のような気持ちで、眠る前だけは、本をはさんで、子どものためだけの時間をすごします。そしてお話を読んで子どもの顔が輝くと、もっと面白い絵本を、もっと心に響くお話をと、つい探してしまうのですおはな

 しかし、そんなとき、最近まであったあの本が品切れになった、いつかは読もう!と思っていた好きな冒険物語のシリーズが絶版になった、という情報ばかり入ってきて、ほんとうに落胆してしまいます。

要するに、売れないからなのですね。個人的にとても残念、というだけでなく、これからこの本を読めなくなったすべての子どもたちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 一般的に、商品が売れない=それは必要のないもの、という図式はたしかにあると思うのですが、子どもの本に限っていえば、その本の良さや、本自体の存在そのものが知られていない=売れない、ということがたしかにあると思うのです。

子どもの服や雑貨などは、店頭で販売されているものが気に入らなければ、自分で作るということも比較的容易ですが、子どもの本は、気に入らないからといってそう簡単に作れるものではありません。
どうしても「今あるもの」や「目に入りやすい、手にはいりやすいもの」の中から選ぶことになってしまいます。

子どもの本に関しても、親はもっとわがままになってもいいのではないかと、思います。
みんなが流行りの子ども服を着なくてもいいのと同じように、わが子が好きな作家のものをぜんぶ揃えてあげたり、男の子だってマドレーヌちゃんが好きだったり…絶版になったものが、どうしても欲しかったら、手にはいる方法をいっしょうけんめい探したり(今の私です)…。
そんなこだわりをもった読者がたくさん出てくると、きっとよい本がもっと長生きするのではないかと思います。

知れば知るほど、その先に知らない世界が広がるのが「子どもの本の世界」だなーと、最近ますます感じます。
みなさんが知っている、子どもの本の情報や、子どもの本についてのご意見などを教えていただければたいへん喜びます。
| エッセイ | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/24
トラックバック