★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 『くんちゃんとふゆのパーティ』 | main | 眠る前に絵本の世界へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『日経Kids+』(キッズプラス)創刊!


『日経Kids+』(キッズプラス)
 日経ホーム出版社 刊
 月刊(毎月1日発行) ¥550
 
 


小学生の育児雑誌『日経Kids+』創刊!
 「親子の時間に笑い声を なるほど!をプラス 安心をプラス」をキャッチフレーズに、子どもの生活と成長を、親としてどう支え、応援していくのか──そんな「今、親が知りたい」情報満載の月刊誌です。
 創刊号の特集はズバリ「子どもの夢の育て方」「子どもコーチング」。各界で活躍するあの人や、超有名な名物親子も登場しています。

 ★創刊記念キャンペーン実施中!
(年間購読料¥6000/12冊税込み
オリジナルコースタープレゼント・12月末まで)
 乳幼児の子育て雑誌は、食事や病気から育児グッズの通販雑誌まで、育児にかかわるすべてのシーンが網羅されているといえるほど、たくさんの雑誌が毎月発行されています。それなのに、子どもが小学校にあがると、就学後の育児雑誌がまったくといっていいほど見当たらなくなるのはどうして?とずっと思っていました。

 すると、ここ数ヶ月で、いきなりいくつかの「小学生育児雑誌」が創刊され、小学一年生の子どもをもつ親として、とても嬉しく、心強く感じています。今日はそのなかでも、とりわけ情報満載で読み応えのある『日経Kids+』をご紹介します。

 『日経Kids+』の+(プラス)は「親子の時間に笑い声をプラス なるほど!をプラス 安心をプラス」とあるように、子どもの生活と成長を、従来の「学校」中心から、家庭または社会とのかかわりの場へ、その視点を移して考え、そして提案していく情報誌です。「情報誌」と書きましたが、この雑誌はまさに、子どもの生活の様々なシーンに対応する「今、親が知りたい」情報をとても具体的に、また効果的に提供していると思うのです。

 11月に発売された創刊号は、「子どもの夢の育て方」「子どもコーチング」と題して、さまざまはジャンル、視点から、子どもの夢を育てるために、親として何ができるのかを考える特集です。

 「夢」にふさわしく、まずはサッカーの中村俊輔、野球の松井秀喜、フィギュアスケートの荒川静香、棋士の梅沢由香里など、各界で活躍する子どもたちのヒーロー・ヒロインへのインタビューから始まります。そして、全国各地の100人あまりの現役小学生たちの語る「ボク、ワタシの夢」のコーナーがあり、さて、具体的に「親として、どのように、子どもの夢をバックアップするのか」と、テーマは核心に入っていきます。

 ここでも、まず、横峰さくらのお父さんや、元プロ野球選手高木豊さんが実際に今現在とりくんでいる「子どもの夢実現」について、当事者ならではのコメントをされています。
そしていよいよ「夢実現のルート探し」。サッカー選手、F1レーサー、バレエダンサーからタレント・芸能人など、今どきの子どもたちのそんな「夢」を形にする具体的な方法──スクール選びから、技能を身につけるプロセス、それにかかるお金、情報収集の方法まで、こと細かい指南が披露されています。実際に夢を追求している子どもたちも登場しているので、「夢」がとてもリアルに形となって見えてくるようです。

 第二特集の「コーチング」は鉄棒からはしの持ち方まで、子どもたちが普段の学校生活・家庭生活のなかで「これくらいはできたほうがいいな」という物事を具体的に指南してくれます。ここでももちろん、「親が」どんなふうにサポートできるのか、という視点は健在です。DVDが付録につけるという徹底ぶりです。

 またレギュラーのページも充実しています。「学校よくするプロジェクト」「山村留学記」「親子の幸せな食卓」など、学校や家庭での新しい魅力的な取り組みが紹介されています。また学習機や電子ピアノ、デジカメ、などのグッズ、子ども向けイベントやサービスのインフォメーションなど、コラムも読み応え十分です。

 雑誌の読者対象が、都市部に住む中流家庭層に限られてしまうかな、という懸念は若干あるものの、これまでになかった小学生の親を対象とした情報誌、今後の一層の充実に期待大です。ベネッセ、リクルートあたりが強力な対抗馬を出してくるような予感がしないでもないですが…。

| 育児雑誌・本 | 15:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - |
コメント
契━━(漓)━━!!!
http://noma-neko.com/
こんなサイトがあったなんて
『のまねこどっとこむ』
ブラックメールだよ。
相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo
| vinaka | 2005/12/13 1:49 AM |
契━━(漓)━━!!!
http://noma-neko.com/
こんなサイトがあったなんて
『のまねこどっとこむ』
ブラックメールだよ。
相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo
| vinaka | 2005/12/20 4:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/3
トラックバック