★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 春の絵本★『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』 | main | 春の本★『ルピナスさん』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
春の絵本★『くんちゃんのはじめてのがっこう』
★新学期が始まりました!
 入園・入学、そして進級、と子どもたちは、
 また一つ、新しい世界に足をふみだしました。
 新しい先生、新しいお友だちとの出会いは、
 ワクワクドキドキする瞬間ですね。
 こぐまのくんちゃんも、おとうさんやおかあさんと離れて、
 はじめて学校へ入学します。
 「とっても うれしい」初登校。
 学校での新しい生活が始まりました。
 でも、そのとき、くんちゃんは…?!



くんちゃんのはじめてのがっこう
くんちゃんのはじめてのがっこう
ドロシー・マリノ, まさき るりこ

「ぼく きょうから 一ねんせいなんだ」
はじめて学校へ行く朝、くんちゃんは、早起きして、とってもはりきっていました。

くんちゃんにとって、学校へいくことは「とっても うれしいこと」。
おかあさんといっしょに、学校へ向かう道で、出会った動物たちに、
「ぼく、がっこうへ いくんだよ」と、ちょっと得意げに報告するくんちゃん。

思わず、口からは歌がでて、足はスキップです。
ところが、いざ、学校についてみると、くんちゃんは、ちょっと不安になってしまうのです。
「おかあさんにも いっしょに いてほしい」と思ったり、上級生の勉強を見て「じぶんが さされると こまるな」と思ったり。

先生が、くんちゃんたち一年生に、前に出てくるようにいったとき、くんちゃんの不安は、とうとうピークに達してしまい、
くんちゃんは、なんと、教室の外へ、飛び出してしまうのです!
くんちゃん、お家に帰ってしまうのでしょうか?

新しい世界に足を踏み出すことは、ドキドキワクワクする体験です。
でも、新しい出会いが楽しみ!という希望に満ちた気持ちの一方で、どんな世界なんだろう?…という不安や、自分に出来ないかもしれない、という怖れで、心がおだやかでなくなることもありますよね?

子どもたちだって、同じなのかもしれません。
新しい友だち、新しい先生、初めての勉強…どれも、とってもワクワクするけど、ちょっと不安になるときも、きっとあります。
そんなとき、くんちゃんの先生のように、子どもたちが、自分の力で乗り越えていけるように、やさしく見守ってあげたい、と思うのです。

急いだり、無理強いしたりせず、かといって、助けすぎず、子どもたちの「新しいもの」との出会いを、少しだけ手をそえて見守る──根気のいることかもしれませんが、子どもたちの心の中に芽生えた、新しいものとの出会いを喜ぶ気持ちを、ゆっくりと大切に、育てていってあげたい。

お話の最後のページで、たくさんの花を抱えてニッコリしているくんちゃんの姿を見ると、心から、そう思えるのです。
| 絵本 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:45 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/38
トラックバック