★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 春の本★『ルピナスさん』 | main | 夏の絵本★『雨、あめ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★児童文学講座
突然ですが、この春から、
もう少し系統立てて児童文学を学びたい、と思い、
北海道・小樽市にある、
絵本・児童文学研究センターで、
勉強を始めました。

このセンターは、大学などに付属する学校ではなく、
独立した機関(特定非営利活動法人(NPO))で、
児童文学について、作品そのものを読み研究したり、
絵本や児童文学作品を読む意味(子どもにとってだけでなく、
大人にとっても)を学んだりする講座を、
ひろく一般に提供しています。

授業料は発生しますが、
入学試験などなく、学びたい人は、何歳でも、
これまでの学歴や職歴に関係なく、学べます。
また、通信講座もありますので、北海道以外の方でも、
受講することができます。
(私も、通信受講です)

始めたばかりなので、まだ何が身についた、
とはっきりは言えないのですが(期間は2年です)、
今まで自己流で自分の好み中心で読んできたことと、
「子どもの発達」「心理」「文化」という視点は、
児童文学を読むときに、私自身、ほとんどもってなかった視点なので、
学ぶべきことが多そうです。

興味のある方は、HPのほうをちょっとのぞいてみませんか?
絵本・児童文学研究センター
| 児童文学研究 | 06:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 06:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/41
トラックバック
『児童文学』について
児童文学児童文学(じどうぶんがく)は0歳から10代程度の子供|子供を読者として想定する文学ジャンル。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
| 『小説なんでも大事典』 | 2007/03/04 8:50 AM |