★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 夏休みの過ごし方★『計画力おもしろ練習帳』 | main | 秋の絵本★『つきのぼうや』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
感想文、あれこれ
今日で今年の夏休みも終わりです。
寒い地方のお友だちや、2学期制の学校の方は、
もう新学期が始まっているのかもしれませんね。

わが家も明日からまた、あわただしい日々の始まりです。
親の私は、また生活のペースができ、
何より昼食の心配をしなくてもいいので(^_^;)
内心、ほっとしているのですが、
息子のことを思うと、なんだかちょっとかわいそうな気もしています。

子どもにとって夏休みは、やっぱり「自由」な時間ですよね。
たとえうるさい親がいようと、宿題、という
「やらなければならないこと」があろうと…。
息子の小学二年生の夏休みは永遠に終わったか、と、
私のほうがちょっと感傷的(T_T)な気分です。

それにしても、昨日近所の友だちとも話していたのですが、
やっぱり宿題のネックは、どこの家も「感想文」です。
高学年ともなると、課題図書の中から選ぶ、とか、
原稿用紙3枚以上、とか、ますます「書きづらさ」を助長するような制約もあります。

それより、「子どもにどうやって、書かせたらよいのか、わからない」
という声が一番多いのです。
わが家の息子はまだ低学年なので、私もそんなに真剣に考えてはいないのですが、
やっぱり、一番の気がかりは、「感想文を書かなければいけない」、
というプレッシャーで、書くことが嫌になってしまわないだろうか、ということです。

誰もが「書くこと」が好きでなければいけない、得意でなければいけない、
とは思いませんが(表現方法は人それぞれですよね!)、
言葉で何かを表現することが楽しければ、
子どもの世界もぐっと広がると思うのです。
内容や上手下手は二の次、だと思います。

感想文コンクールや、学校の宿題の意図について、
私はあまり理解しているとはいえませんが(^_^;)、
個人的には、特に低学年の間は、本を読む(読んでもらう)楽しさと、
その楽しさを誰かに言葉で伝えたくなる気持ちを、
大切に育てたいな、と思っています。

…というわけで?息子の読書ノートは、ほぼ真っ白です(@_@)
本に限らず、自分の好きなものについて、
語り出したらとまらないのが子どもですが、
息子も「書くこと」に向かうのはまだ少し先かもしれません。

子どもの「書きたい!」という気持ちが育つまで、
まずは、本とのたくさんのよい出会いができますように。
私も、未だ知らない、素敵な子どもの本との出会いを大切にしていきたいと
思っています。
| エッセイ | 09:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:39 | - | - |
コメント
私・・・ 実は 夏休みの感想文にお悩み中デス・・・
| ミクロ | 2007/08/20 10:24 PM |
ミクロさん、夏休みの感想文、書けましたか…?

実は私も感想文はきらいです。
なかなか思うようには、
書かせてもらえなかったこともあって。

今その反動で、好き放題、書いています(^^)
また、遊びにきてくださいね。
| しなぼん | 2007/09/23 8:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/51
トラックバック