★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< クリスマスの本★『まりーちゃんのくりすます』 | main | 児童文学講座★レポートが返ってきました(^^) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シュタイナー教育の本★『子ども・絵・色』
★「シュタイナー教育」って、なんだか難しそう…
 でも、ちょっと知りたい。
 そう感じている方に、おすすめの一冊です。
 子どもたちの一番身近にいる家族が、
 子どもたちといっしょに楽しみながら家庭でできる、
 シュタイナー教育の提案です!


子ども・絵・色―シュタイナー絵画教育の中から
子ども・絵・色―シュタイナー絵画教育の中から
としくら えみ

この本の作者、としくらさんは、
日本の幼稚園に4年間つとめた後、
シュタイナー教育のふるさと、ドイツのシュタイナー幼稚園で実習し、
さらにスイスのゲーテアーヌム絵画学校で学んだ、
シュタイナー教育の専門家であり、実践家です。

でも、「専門家」といっても、この本の中での語り口はとてもやさしく、
この本で初めてシュタイナー教育にふれる方にも、
とてもわかりやすい内容になっています。

としくらさんは、この本の中で、
絵を描くということが、子どもにとってどんな意味があるのかということを、
自身が子どもたちといっしょに絵を描くことを通じて語っています。

私たち大人は、あまりにも成果主義・結果至上主義に慣れきってしまって、
子どもの描く絵についても、つい、
「よく描けているか」
という結果で評価する傾向がありますが、
この本を読んでいると、

「絵を描くことは、こんなに楽しいことで、
 描いているそのときが大切なんだ」

ということが思い出されるのです。
子どもが、というより、大人のほうがまずは楽しもうよ!
と、この本を読むことで元気付けられた気持ちです。

具体的な実践の仕方や画材などについての詳しい解説もありますので、
すぐにでも親子で描いてみたくなります。
「子どもと向き合うって、どうすればいいの?」
と感じておられる方にも、おすすめできる一冊です。
| シュタイナー教育の本 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 11:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ehonroom.jugem.jp/trackback/61
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/16 11:49 AM |
子ども・絵・色 シュタイナー絵画教育の中から
私とシュタイナー教育との出会いやシュタイナー教育の本はこちらの日記に書きました。よかったら見てくださいね。最近読んだのはこの本です。   子ども・絵・色 シュタイナー絵画教育の中から最初のページに素敵な詩が載っていました。空色のちいさな雲にとんでゆき
| いいとこ、いいこと、いいもの見っけ! | 2007/01/08 2:15 AM |