★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 春の絵本★『あした、がっこうへいくんだよ』 | main | 春の本★『マイケルとスーザンは一年生』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
春の絵本★『がっこう』バーニンガムのちいさいえほん3
★『ガンピーさんの ふなあそび』や『ねえ、どれが いい?』でおなじみの、
 ジョン・バーニンガムの“ちいさいえほん”シリーズの一冊です。
 がっこうは何するところ? 誰がいるの? 
 と期待でいっぱいの新入生に、そっとよんであげたい絵本です。



がっこう
ジョン・バーニンガム

この絵本はおそらく、学校へ通い始めた子どもたちが、
学校はどう? と大人に聞かれたらこんなふうに答えるだろうなー
と感じられるほど、子どもの感性をそのまま描いた絵本だと思います。

大人の手のひらにのるほどの大きさの、小さな絵本で、
何の事件もおこらず、子どもの心の奥を描く、というものでもないのですが、
それだからこそ、子どもたちは、学校へ行く自分の毎日の体験と重ね合わせて、
この絵本に描かれた<がっこう>を楽しみ、安心するのではないでしょうか。

大人が読むと、あっという間に読み終わってしまいますが、
子どもたちは、この絵本の中に描かれた<がっこう>の一こま一こまに、
自分の学校での体験を思い出して、

「ぼくの(わたしの)学校では、給食のときにね…」

と語ってくれるのではないでしょうか。

学校へ行って帰る──大人から見れば、ただそれだけのことですが、
初めて学校へ通い始めた子どもたちにとっては、
きっと毎日が新しい冒険なのでしょうね!

あたりまえだけど、嬉しい、
毎日おんなじだけど、ちょっとずつ違っていて、おもしろい──
子どもたちの新しい生活を、
子どもといっしょにワクワクした気持ちで楽しみたいものです。

ほんとに短い絵本ですが、ゆったりと読んでほしいと思います。
子どもたちが、自分を語れるくらいの間合いを入れながら…。
| 絵本 | 07:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - |
コメント
コメントする