★PROFILE
★CATEGORIES
★Shop List

●洋書絵本も充実しています!


●品切れ本も画像つきで紹介されています!


●何でもそろうメガショップ・楽天ブックス!

絶版本を投票で復刊!
●絶版本を人気投票で復刊させよう!!

雑誌バナー小
●雑誌の定期購読はおまかせ!

★RECOMMEND
★RECOMMEND
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん (JUGEMレビュー »)
中川 李枝子, 山脇 百合子
★RECOMMEND
いちねんのうた
いちねんのうた (JUGEMレビュー »)
Elsa Beskow, 石井 登志子, エルサ ベスコフ
★おすすめ雑誌

★月刊クーヨン
子どのも本の専門店「クレヨンハウス」発行の育児雑誌です。子育てだけでなく、様々な視点から「オーガニック」「ロハス」な生き方を提案しています。

★SPONSORED LINKS
★CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★MOBILE
qrcode
<< 冒険・遠くに行くお話★『うんがにおちたうし』 | main | ★今日の朝の読書〜忙中閑あり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
冒険・遠くに行くお話★『とおいところへいきたいな』
★誰にでも「あ〜もうどこか遠くにいってしまいたい!」と思うことが
 ありますね(ないですか?)
 毎日を無邪気におくっているように見える子どもたちにだって、
 きっとそんな瞬間は日々あるのだと思います。
 モーリス・センダックのこの絵本のなかにも、
 そんな子どもと動物たちが登場します。
 さあ、みんなどこへ行くのでしょうか…?



とおいところへいきたいな
モーリス・センダック

マーチンの家にはあかちゃんが生まれ、
おかあさんはあかちゃんにかかりきりで、
マーチンの話を聞こうともしません。
そこでマーチンは、

「ぼくは でていく。ぼくが きくことに ちゃんと だれかが
 こたえてくれる、とおい ところへ いっちゃうから。」

と家を出てしまいます!
トランクに荷物をつめ、カウボーイの服を着て、ひげをつけた、
ほんとうの家出のいでたちです。

そしてマーチンは自分の話を聞いてもらえる、
「とおい ところ」をさがしに出かけます。
すると途中でいろいろな動物に出会います。
マーチンが、「とおい ところ」のありかをたずねると、
なんと、その動物たちも、自らの辛い境遇について語り出し、
いっしょに「とおい ところ」を探しに行く、というのです!

ウマが加わり、スズメが加わり、ネコがいっしょになって、
みんなで「とおい ところ」へ出発です。
ネコの提案で、一行は町のなかのとある一室に落ち着くのですが、
それぞれの「とおい ところ」の実現がぶつかりあってケンカになり、
とうとうみんなそれぞれ帰ってしまいます。

さもありなん、の展開なのですが、
このお話は単純なストーリーの展開のなかに、
なかなか深い子どもの心の広がりが語られているなーと思います。

動物たちが帰ったあと、一人ぼっちになったマーチンが、
おかあさんのいる自分の家に帰ろうと決めたとき、
それは単に、お母さんや自分の家が恋しい、ということではなく、
マーチンはほんとうに、今ある自分の場所から、
まだ見ぬ「とおい ところ」へと、遠い旅路を旅することによって、
一種の心のやすらぎを得て帰ってきたのだと思うのです。

今までの限定された状況から離れ、
未知のより大きな世界を想像力によって旅して帰ってきたとき、
今の自分を生きる心の余裕のようなものが、
彼のなかに生まれたのではないでしょうか。

大人になって、お金もあり、時間もあって、
物理的に自由にどこにでも行けるようになっても、
今ある限られた日常から、未知の世界へ旅立つ勇気が出るとはかぎりません。
そうすることが、心の広がり(そして人生の広がり)につながると分かっていても。

でも、マーチンのように、少し遠くへ行って、
たくさん想像力をはたらかせれば、今、息苦しく感じている小さな世界から、
少し落ち着いて息がつける場所──心の広がりを
持つことができるのかもしれません。

一人でいること、未知の世界を旅すること。
マーチンのように、私もちょっと旅してみたくなりました(^^)
| 絵本 | 06:22 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:22 | - | - |
コメント
コメントする